転職活動再開!50代からの転職

スカウトメールは中高年転職者にとってありがたい存在か?メリットについて

57歳の私がこの歳になってまた転職活動を再開させねばならないのも何かの縁か人生のあやかはよく分かりません。

 

(前回の記事はこちら⇒50代からの転職活動!役員運転手57歳の挑戦)

 

ただ、実際に動き出してみるとそれまでの動き方とかなり違ってきているのを感じます。

 

今回はそんな中でスカウトメールについて考えてみたいと思います。

 

転職サイトを活用すればスカウトメールは必然的に遭遇する

本当に私たちを取り囲む環境は10年も経てば変わります。

 

私が最も転職活動を行っていた40代、今から約10年ほど前に比べると動き方が根本的に様変わりしてきているのを感じます。

 

まず、求人先企業の見つけ方ですが、今や圧倒的にネットから探すのが主流になっているようですね。

 

以前のように新聞やチラシ、転職情報雑誌などの紙媒体からすっかり地位を奪った感がします。

 

勿論、従来通り、紙媒体でも求人情報は掴めます。

 

しかし、その内容と全く同じ中身の求人が各種の転職サイトに掲載されています。手間の上でも便利さでもネットで探す方がこちらとしてもはるかに便利で楽な事は明ですね。

 

その転職サイトをいくつか見ていけば、必ずやスカウトメールへとたどり着くページがやってくるでしょう。多くの転職サイトは応募者の名前や年齢などの個人情報と希望求人先の特徴、自己PRなどを記入して登録する仕組みになっているはずです。しかも一旦登録しておけば無料で転職が成功するまで希望求人をメ−ルしてもらえます。

 

一昔前では考えられなかったサービスなのですよ。

 

私が登録した転職サイトは以下のエージェントサイトです。

 

・DODA

 

・type転職エージェント

 

スカウトメールの信憑性は?

スカウトメールの信憑性とは、また相手を信用していないような言い回しのタイトルをつけてしまいました。

 

しかし、本当にスカウトメールって私たちに味方になってくれるような存在なのでしょうか?もしかしたらとんだいっぱい食わせ物なのかもしれないのでしょうか?

 

そこで今回、私が体験したスカウトメールでの面談の感想を書かせてもらう事に致します。

 

スカウトメールは企業と求人者の仲介を執り行う立場

この1か月間で2つの転職サイトサイト先と面談を行いました。いずれも私がネットにて検索したいくつかの転職サイトサイト先からの連絡が入ってきたからです。

 

スカウトメールをもらうにはまず転職サイトに登録しなければなりません。それをしない事には相手先も求人企業の選定を出来にくくなってしまうからです。

 

自分の氏名、年齢、生年月日、現住所、連絡先、メールアドレスは必須です。特にメールアドレスがあるかないかによって機動性は大きく違ってくるでしょう。

 

40代、50代の方でご自身のメールアドレスをまだ作っていない方は出来たらどこのメールでもよいですからパソコンで設定してください。これによって情報の入手が物凄くスムーズになりますので。

 

次に自身の職歴や志望動機、自己PRなどを書き込むフォームが出てくると思います。ここも可能な限り詳細に記入しましょう。

 

あなたの希望企業がどういったところがいいのか、何が条件なのか、先方のエージェントがあなたの情報を頼りにより最適な求人先を紹介してくれるための重要な情報です。出来るだけ詳しく、記入していきましょう。

 

さいごに

如何だったでしょうか?今回はスカウトメールを利用するに当たっての準備段階の様子を紹介して参りました。

 

さて、スカウトメールは気楽に利用できるネットのサービスなのですが、直接、企業に送る履歴書ではないため記入していってちょっと気持ちが乗らなくなっていくのが困ったところでした。

 

しかし、記入した内容がそのまま転職サイト側の方に伝わるのですからいい加減な事は書けませんよね。

 

どうぞ最後の一文字、一句まで気を抜かずに気合を込めて入力していってくださいね。

 

転職サイトのスカウトメールからの面談内容について

このエントリーをはてなブックマークに追加  

まずは大手転職サイトからエントリー


 

Sponser Link



TOP 40代転職体験記 ★40代で転職を成功させる方法★ おすすめ転職サイト