ブラック企業に入社してしまったらどうすればいいか?すぐに辞めるべきか?

ブラック企業に入社してしまったらどうすればいいか?すぐに辞めるべきか?

前回はブラック企業に入社してしまった場合のその特徴について書きました。

 

参考:ブラック企業に入社してから気づくその特徴とは?

 

では、今回はブラック企業に入社したことに気付いた場合、どうしたらいいのかを考えていきましょう。

 

決して抗わない

ブラック企業というところは、経営者もしくは社長は究極のワンマンです。そして他人の意見に耳を貸さない人たちです。

 

そのトップの周りにいるブレーンや幹部も経営者の意に反する行動をするわけにはいきません。社長が右と言っている方針に逆らった動きをすればたちどころに左遷され飛ばされてしまう恐れがあります。なので、ブラック企業では会社をよくしようと言った健全で前向きな議論などご法度に近くなります。

 

だから、末端の社員の意見が上司に響かなくなるのです。まあ、しかし、これはどんな組織にも共通して起こり得る問題でしょう。上司レベルからみれば自分たちのいる会社が夢にもブラックだとは思っていませんから昨日、今日入ったばかりの新人の意見など聞き入れられるはずがないのです。

 

「そんなにここの仕事が嫌なら辞めたらいいじゃないか」というノリになってしまうでしょう。

 

また、「会社に対して意見をするような生意気な奴」というレッテルを貼られてマークされてしまう事も考えられます。

 

極力、上司や同僚との会話中でも会社への悪口や仕事の批判めいた意見は言わないようにしましょう。今後の行動がやりにくくなってしまいますからね。

 

冷静に情報を分析する

その会社に自分人が居続けると仮定した場合、現状の労働時間に自分の体力や気力が耐えられるのか、給料についてはどうなるか、10年後の自分の姿が先輩などを通してシュミレーションすることができるか、などを冷静に分析してみてください。

 

もしかしたら、若気の至りで今の会社に対して間違った感情や判断を行っている可能性もあるからです。所詮、新社会人というのは生まれてせいぜい22年ほど。世の中の酸いも辛いも全然、分かっていません。もしかしたら今、感じている苦痛や不満は今後のあなたの人生にとっては避けては通れない試練なのかも分かりません。

 

試練なのか、有無を言わさぬ人間の使い捨ての会社なのか。様々な情報を仕入れ、他人の意見に耳を貸し、総合的に客観的に分析してみてください。

 

今、私が所属している全国的に名の通っているメガバンクの幹部さんでも、若いころは怒られまくって何度、辞めようと思った事か、という意見をおっしゃられています。人間、短気は損、とも言いますね。努めて冷静に、冷静に考えてみてみましょう。

 

身体に異変が起こり始めたら

はっきり申しまして自身の健康状態に従来までなかった異変が起こり始めてきたら、一つの決断を下すべき時なのかも分かりません。

 

実際、私にも予期せぬ身体の異変が起こりました。立ちくらみが頻出し真っすぐに立っている感覚が薄れてきました。医者に診てもらっても特に異常はないというから厄介なのです。

 

顔つきも痩せていって人相が変わりました。と、同時にいくら上司に現状の窮状を訴えてものらりくらりで埒があきません。

 

結局、悩んだ末にその会社とは決別する決心をしましたが…。

 

はっきり言いまして、自分の身体の異変に気付いたのなら赤信号の一歩手前だと思っていいと思います。

 

無理をして居続けても解決策は見つかりません。会社の組織が一気に変わってしまったら話は別ですが。

 

私も今、思えばあの時、退職しておいて良かったと、思っています。
(関連記事:11社目の転職先:タクシー運転手 その2

 

数ある退職の中でも身体に異常をきたしたような経験はあの時の会社だけでしたからね。あのまま正義感を持って居続けたとしても誰も喜ばなかったと思っています。

 

さいごに

今回はブラック企業に身を置いてしまった時の私の経験から基づいた意見を書かさせていただきました。

 

今、自分がいる会社がブラックなのかそうでないのかは、その人たちの価値基準によって大きく変わると思います。よって安易に容易い判断は下せません。といって、本当にあなたの身体を蝕む会社であるならば早めの決断も必要です。

 

難しい判断かも分かりませんが、決して一人合点するのではなく相談できる相手を選んで第三者の意見も聞いてみましょう。

 

あなたの最終判断に勇気を与えてくれるきっかけがあることを祈ります。

 

ブラック企業の見分け方 〜ブラック企業をすぐにでも辞めたい方へ〜

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

まずは大手転職サイトからエントリー


 

Sponser Link



TOP 40代転職体験記 ★40代で転職を成功させる方法★ おすすめ転職サイト