50代での転職先の見つけ方@【どの求人媒体を使えばいいか】

50代での転職先の見つけ方@【どの求人媒体を使えばいいか】

「10社目の転職先:単身赴任で居酒屋チェーンへ」でも書きましたが、居酒屋を退職した時はちょうど、50歳になった時です。

 

40代の時でも転職はそう簡単ではないというムードがありますが、50代になるとさすがに本人にも諦めムードというか、もうこれまで以上の条件のいいところに転職する事は不可能だろう、という気持ちが充満してくる事だと思います。

 

これまでの経験で転職市場において最もスムーズに動けたのは30代の時だったと記憶しています。

 

30代の人間と比べれば、確かに50代の人間の転職先は狭まります。

 

転職サイトを見ても新聞の求人広告を見ても年齢制限で気が重くなるだけ。

 

会社都合退職なら致し方ないかもしれませんが40代後半で自己都合退職をやってしまったらそれこそ八方塞がり。今更、こんな歳の人間、どこも取ってくれない。こう思うのが大半の意見でしょう。

 

では、50代になってしまったら、自らが望むような転職は一切、不可能になるのでしょうか?そこで私の50代からの転職経験を元にして、転職の道があるのかどうか、検証してみます。

 

50代での転職先の見つけ方

50代になったからと言って特別、違った方法があるわけではありません。従来通りの探し方で十分ではないでしょうか?はっきりいって焦って色々当たってみても結果的には同じです。例えば、いままでハローワーク中心に探していたのだったらこれからもハローワーク中心でも構いません。それにハローワークには専門の担当者さんもいますから随意に相談にも乗ってもらえます。

 

思うように志望先を見つけれない場合は担当者さんの意見を尊重してもいいと思います。

 

私の場合は、相変わらず、新聞広告の求人情報が中心でした。しかし、さすがにこれといった求人はありませんでした。私が50歳になった頃は、あのリーマンショックの後です。世間は恐ろしいほどの不況風が吹いていた頃です。新聞紙面に載っている求人もホントに少なかったですね。

 

それでその時はいろんな媒体を見ていました。

 

11社目の転職先 タクシー会社に決めた理由

結局、この時に志望先として選んだのはタクシー会社です。今までやってきた店舗での接客や人を使って仕事をこなす立場からは180度離れた仕事です。

 

ただ、もうこの時は金輪際、人を動かす立場に就く仕事はやめようと誓っていました。理由は前回に書いた通り、自分自身の腕の後退です。というか、やはりその仕事を完璧にこなすためには3年はかかります。3年間、飽きることなく挫けることもなくやり通せる会社の求人がないという事なのですね。

 

それともう飲食関係の仕事はやらないと心に誓っておりましたので。恐らく飲食関係なら求人はあったし、採用もされたと思います。でも、仮に再び情熱を燃やしたとしても2〜3か月後に同じような理由で就業意欲をなくすでしょう。

 

自分にはがんじがらめのオペレーションマニュアルが性に合わないというのが分かっただけでも儲けものでした。結局、このオペレーションマニュアルに対する理不尽さや効率のみを追求したシフトのブラックさが、私が嫌気がさした最大の要因だからです。

 

そういう意味で全く違った世界に行ってやってみたい。できたらこれまで培ったサービス精神を生かせるところで。と、思っていた時に目に留まったのが某タクシー会社の求人広告でした。

 

どんな求人媒体をみたのか?

このタクシー会社の求人が載っていたのは無料のタウンワークでした。転職サイトにも載っていましたから探し方としては無難な探し方だったと思います。

 

私の性格上、一度ここだ!と思ってしまうと、もう後戻りが出来ません。

 

それほど、転職時は毎回の事ながら考えが一直線的になり過ぎていました。きっと、今現在が無職状態だから早く定職に就きたい、という気持ちが強かったからでしょう。

 

さて、この続きはまた次の記事にて後編に当たる部分から書いていきたいと思います。

 

50代での転職先の見つけ方A【タウン誌だけで転職できました】

このエントリーをはてなブックマークに追加  

まずは大手転職サイトからエントリー


 

Sponser Link



TOP 40代転職体験記 ★40代で転職を成功させる方法★ おすすめ転職サイト