40代の転職での志望先の見つけ方B【とにかく応募しまくる】

40代の転職での志望先の見つけ方B【とにかく応募しまくる】

前回の記事「40代の転職での志望先の見つけ方A【会社都合退職者の転職】」で40代ならばまだ、転職先を見つけるのは大丈夫と言いました。

 

しかし、出来たらこれが最後にして欲しいとも言いました。

 

では、実際にどういう手順を踏んで次の転職先を見つけていくのか、見て参りましょう。

 

とにかく応募しまくる

私の時の経験上のデータですが一つの転職先に決まるまでに費やした応募先の数は平均すると20 社前後ありました。

 

つまり20前後の履歴書を書き職務経歴書を作って応募してやっと1社だけヒットしたのです。なので、そこが必ずしも自分の行きたい会社か?と問われると答えに窮する時もありました。

 

でも、書類選考で落ち続けるともう、ゆとりはなくなります。とにかくどこでもいいから早く就職先を見つけなければ、という焦りのみになります。それくらい40代での転職は自分の思うようにはいかないという事なんですよね。だから、これを最後にして欲しいとお願いしたいのです。

 

自分が本当に入りたいと思う会社は、同じように世の中の転職者もそう考えています。たった一つか二つしかない空き椅子に全国から応募者が殺到するのですから、当然の事でしょう。なので、あれこれ自分の希望ばかりを優先させずに、とりあえず入ってみてから何とかしようという気持ちで応募しなければならなくなってしまうのです。

 

これが40代になった者の転職の相場です。

 

諦めずに応募を続ける

恐らく最初の頃は気合も入っており気力十分でしょう。しかし、20社、30社と不採用通知を受け続けると段々、気持ちが萎えてきます。まあ、人間なのでそういう気持ちになるのも仕方ないとは思いますが…、でもここを踏ん張ってもらいたいのです。

 

絶対に転職を成功させるんだ!という気持ちを持ち続けないと転職って成功しません。不思議な事なのですがあなたの気持ちがこもっていないと応募書類にそれが表れてしまいます。なのでそんな気持ちの時は何枚書いても、その応募書類はいい結果を持ってきてくれません。

 

恐らく文字にあなたの思いの真剣さが伝わってしまうのでしょう。読んだ相手がそれをどう判断するかは火を見るよりも明らかですね。人間、諦めた時がどんな事でも終了です。願いは叶えられません。

 

では、諦めずに書き続けたら何かいい事があるのでしょうか?

 

必ずヒットする会社が現れてくる

これも不思議な事なのですが、応募書類を送り続けて結果が出ないうちに1ヶ月が経ち2ヶ月が経ってくるとあなたの書類を作る能力が上がってきます。やはり失敗経験があなたに学習効果を与えてくれるからでしょう。

 

そして1〜2ヶ月のサイクルが流れると求人企業も変わってきます。それまでお目にかかれなかったような会社も現れてくるのです。

 

私が回転寿しの会社を決めれた時も確か、そうだったと思います。(参考:5社目の転職先:回転寿司チェーン その1 面接を突破

 

ここに入りたい!というあなたの思いが強くみなぎってくればしめたものです。きっと面接への通知が届くようになるでしょう。

 

どうでしょうか?ここまでの流れが40代の転職の最初のステップです。

 

さいごに

私が40代での転職を最後の転職にした方がいいと言った理由は分かっていただけましたでしょうか?転職における最初のステップも20代ならばあんまり問題もなく通過できるでしょう。30代も前半ならばほとんど問題はありません。

 

ところが40代になると状況がガラッと変わるのです。

 

40代前半に転職が成功出来たならその会社に20年以上、在籍できると思います。退職金の計算をする上でも19年間と20年間では受け取る額に大きな差が生じるんですよ。たった1年の差で受け取る金額に数百万円単位の差が出たとしたらあなたも納得がいかないんじゃないでしょうか?

 

転職は40代前半で打ち止めましょう。もうあんな苦しい思いをする必要はありませんよ。

 

転職で使う労力があるのならあなたの今の仕事に全精力を注いだ方がよっぽどお得ですよ。

 

実入りの少ない転職人生を歩んでしまった私からの小さな助言です。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

まずは大手転職サイトからエントリー


 

Sponser Link



TOP 40代転職体験記 ★40代で転職を成功させる方法★ おすすめ転職サイト