40代の転職での志望先の見つけ方A【会社都合退職者の転職】

40代の転職での志望先の見つけ方A【会社都合退職者の転職】

前回の記事40代の転職での志望先の見つけ方@【自分の得意分野を生かすこと】では自己都合退職の人の中でも腕に自信のある人をメインにして書いて参りました。

 

今回は自分のここまでの仕事人生に後悔の念、つまり会社都合退職を強いられてしまった方達を対象に考えてみます。

 

会社都合退職者は少数派?

会社都合退職にあってしまう人というのは、40歳になるまで一度も転職せずに脇目もふらず、コツコツと頑張ってこられてきた人達だと思います。なので、実際問題、転職しようと考えてらっしゃる方は本当に少ないんだと思います。逆に言えば、転職なんて全く考えてこなかった人達なのです。

 

だからもし何かの理由で転職を迫られてしまう事態となってしまったら、何から手をつけていいのかサッパリ分からないんだと思います。
それでは、実際にそういう立場になってしまったとして、まず何から手をつけていけばいいでしょうか。

 

非生産部門に従事していた人達のジレンマ

自分自身の能力とは一体、何なのか?これを徹底的に分析して確実に己の特徴を把握しておく事です。

 

今の仕事内容が嫌だったとか、嫌々やっていた仕事だったから今度は全く違う種類の仕事をやろう、なんていう希望的観測は一切捨てて考えてください。というのは、転職活動におけるその後の行動にブレが生じてしまうからです。

 

例えば、今までやっていたのが経理の仕事だったとします。

 

するとあなたは学校を出て以来、経理畑一筋、18年間という立派なキャリアを持つ事になっています。このキャリアはちょっとやそっとで手に入るものではありません。あなたの忍耐力と責任感とが成させたものです。この能力を次の転職先でも使う事が転職の王道です。

 

なのに、今までの仕事では給料が少なかったから、今度はもっと実入りがよくなりそうな仕事を選ぼうと考えたりすると、転職自体は比較的簡単にできますが、いざ、次の会社で仕事をやり始める段階になってから、ものすごいミスマッチ感を味わう事になってしまうでしょう。

 

しかし、経理の仕事に限定して次の転職先を見つけようと思えば、現実の厳しさを嫌という程、実感させられるだけでしょう。それほど非生産の立場の人の転職市況はいつの時代になっても狭き門なのです。そこの所を重々、覚悟しておかなければいけません。

 

40歳以上の中高年者にとっての次の転職先とは?

恐らく今までの経験を生かせる職場にたどり着ける人はほんの一握りの人となるでしょう。では、それ以外の人達はどうしたら良いか?ずっと自分のキャリアに合う職場の求人を探し続けるか?でも、もしあったとしてもあなたと同じような境遇の人達が殺到します。その競争をかいくぐるのは並大抵の事ではありません。ここは、思い切って他職種を当たるしかないでしょう。

 

よって順番としては

 

@今までのキャリアの通ずる所を探す

 

Aそこが見つからない場合に全く別の異業種を探す

 

という順番になるでしょう。勿論、並行しながら探しても問題はありません。

 

しかし、現実は厳しいです。今までのキャリアが生きる会社に入れたなら本当に運が良かったと、思う事ですね。

 

で、最も力を注いで探さなければならないのが異業種の転職先です。今までと全く違った業界、業種に行くのは不安ばかりとなるでしょうが、ここはものの考えようです。50歳でそういう目にあうのと40歳の今とでは比べ物にならないほど、気力・体力面の充実度が違います。

 

そう、年齢が40歳そこそこならば人生のやり直しは十分、効くのです。これが50歳になってしまうと頭の方も体の方も一気に衰えがきます。物覚えは悪くなる。耳は聞こえにくくなる。視力も落ちる。無理が利かなくなる。スピード感がなくなる、とナイナイ尽くしになってしまうのでよ。これは私が経験した事ですので本当なんですよ。

 

参考:10社目の転職先:単身赴任で居酒屋チェーンへ その2

 

でも、私の経験上でも40歳での転職ならば大丈夫です。十分、やっていけます。でも、ここが人生での最後のやり直し期間です。だから、この機会での転職先探しは最初が肝心なのです。

 

では、次回で、もっと突っ込んだ活動について書いていきますね。

 

40代の転職での志望先の見つけ方B【とにかく応募しまくる】

このエントリーをはてなブックマークに追加  

まずは大手転職サイトからエントリー


 

Sponser Link



TOP 40代転職体験記 ★40代で転職を成功させる方法★ おすすめ転職サイト