40代の転職での志望先の見つけ方@【自分の得意分野を生かすこと】

40代の転職での志望先の見つけ方@【自分の得意分野を生かすこと】

一般的に考えれば40代になっての転職先なんて、ほとんどないと思われている方が多いでしょう。と、言いますか、裏を返せばその歳になってしまうと、もう新しい事にチャレンジする勇気も意欲も湧いてこない、というのが本音でしょうか。

 

確かに人間、40を過ぎればもう完全な中高年者の域です。若い、若いと思っていた20代、30代の頃の様な熱意もファイトも、もう湧いてこないかもしれません。なので、そういう考えが頭に充満していらっしゃる方にとっては、40代での転職なんて全くナンセンスでしょうし、眼中にもないものでしょう。

 

それはそれで幸せな事だと思います。

 

あなたは20代の時に既に天職を見つけられ完璧ではないながらもほぼ満足する人生を歩いてらっしゃいます。

 

しかし、世の中にはそういう満足感を得られていない方が五万といる事もまた事実です。現に転職市場は衰えるどころかますますマーケットは広がっていっています。

 

では、とき遅きに逸しているかもとお考えの40代の人たちが今から転職を考えるにあたって、どの様な転職先を考えたらいいのでしょう。今回は志望会社の決定の方法をメインに考えてみたいと思います。

 

自己都合退職の場合

40代になって、自己都合退職をお考えの方というのはよっぽど自分の腕に自信があるか、これまでの仕事人生に後悔がありまくりかのどちらかでしょう。では、腕に自信のある方の会社の見つけ方をみていきましょう。

 

もっとも自信のある分野、能力を外さない事

これは私がやってしまった失敗からの意見です。以前の記事にも書きましたが10年間、勤めてきたペットショップ関係の仕事を辞めた私は事もあろうか全く畑違いの建築営業の世界へ行ってしまいました。(参考:1社目の転職:東証一部建築営業

 

結果は全く通用せずに3日で退職です。

 

ペットショップ時代は売る事に自信があり、独立してお店まで出そうかと考えていた私がです。

 

つまり、自分が得意とする土俵は案外、小さいという事なんですね。なので、今までやってきた仕事に関連づいた系列の会社を探して欲しいのです。私の様に全くの異業種に行ってしまうとその歳になってから一からのやり直しになります。これまで得意だったスキルは全く使えません。そに会社の色に染まった方が圧倒的に仕事の効率がいいからです。

 

なので、以前の感触通りの所でやった方が後々のリスクが少なくて済む事は明らかです。会社が変われば車内の同僚も変わりますし、当然、お客様も変わります。でも、売り方や取り扱う商品が以前と同じなら、その分は勉強せずに済みます。その分の空いた時間をやらなければいけな事に集中的に割くことができます。

 

この労力の使い方が大きくものを言います。

 

反対にやること見ること、初めてだらけの会社では初期段階における負担があまりにも重くなります。ということで、新鮮味には欠けるかもしれませんが、極力、自分がやってきた仕事、分野に近いか同じ所を探すべきなのです。

 

これまでの仕事人生に後悔がある方

40台で転職を考えている方にとって、もっとも自信の気をつけて動かなければならない動機がこの「後悔」でしょう。

 

まず、何を後悔しているのかを徹底的に分析してみなければなりません。

 

ただ、漠然と給料が相変わらず安いからだとか、仕事がつまらないだとかの理由だったらば、転職はしない方がいいと思いますね。

 

その理由につきましては次の記事で書いていきましょう。ちょっと1行や2行で簡単に書いてしまっていい様なものでもありませんからね。

 

40代の転職での志望先の見つけ方A【会社都合退職者の転職】

このエントリーをはてなブックマークに追加  

まずは大手転職サイトからエントリー


 

Sponser Link



TOP 40代転職体験記 ★40代で転職を成功させる方法★ おすすめ転職サイト