もし今、40歳前後で転職するとしたらどうするか?その3

もし今、40歳前後で転職するとしたらどうするか?その3

このテーマも今回が3回目となりました。
前回の「もし今、40歳前後で転職するとしたらどうするか?その2」の記事では「自信の捉え方」について取り上げましたが、今回は「40歳前後ならば何を最優先にして転職を考えればいいのか?」という事にスポットを当てて書いていきたいと思います。

 

40歳前後の転職成功確率

これはもうほぼ100%、転職できると考えてもらって間違いありません。

 

よく、40代になると、もう年齢的に上限オーバーだから転職なんて不可能じゃないだろうか?と思われる方がいらっしゃいます。確かに、一頃ほどではありませんが各企業は採用にあたっての年齢制限を設けているでしょう。ひと昔前は30歳までとか25歳までなどの求人広告は五万とありました。多くの方はこの条件を見た瞬間に一気に諦めモードに入るのでしょう。

 

しかし、実際は違います。

 

自分に自信のある「売り」があれば例え、40歳オーバーでも転職は可能です。それほど、人を欲しがっている会社はまだまだあるという事なのです。

 

では、それだけの可能性があるのならば40歳前後の人は何を最優先にして転職先を決めればいいのでしょうか?

条件のいい(特に給与面)ところが全てなのか?

転職にあたって最も気にしなければならないポイントがここですよね。

 

ずばり「給与」です。

 

「今までいた会社よりも給料が低くなってもいいから転職したい」って考える人が果たしているでしょうか?もし、いるとするならば、私はそういう動機での転職はお薦め致しません。

 

転職するということは自分のこれまでの能力やスキルを今いる会社よりも高く買ってもらおう、という意欲があって初めて転職の動機付けが成り立つのです。それくらい、転職というものには大義名分が必要なのです。

 

ただ、この時に本質を忘れてしまっていては、せっかくの大義名分も次の所では生きてきません。本当に自分が転職したいのは今の給料だけが不満だからなのか?そこを何回も煮詰める必要があるのです。そこをあやふやにして何度も転職してしまったのが私なんですから。

 

本当の転職の理由とは?

40歳前後の年齢になって給料が不満だからといって転職に打って出るって人ってあまりいないでしょうね。やはり、給与面の不満は20代の内が最大の理由でしょうから。

 

ならば、40代になった時の転職の最大の理由は?

 

やはり、どうしても避けられない理由として上げざるを得ないのが己の「プライド」の問題でしょう。

 

結局、前の会社の時に例え、給料が少なかったとしても、その会社の貴重な戦力として重宝されていたなら、そう簡単には転職に走らないと思います。これが20代だったら違いますよ。給料も安いは会社の仕事がつまらいは、会社内での人間関係もしっくりいかないだったら、どんな人でもそんな会社はサッサと辞めるでしょう。

 

しかし、40代となればそうはいきません。

 

自分一人の考えだけでは動けないのですから。

 

まず大抵の人は結婚して家庭を持っているはずです。お子さんも一人か二人はいるでしょう。子供の学費がかかってきます。それにもし、マイホームを買っていたならローンの支払いもかかってきます。普通で考えたらとても今の会社を辞めてもっと稼ぎのいいところへ行こうなどという冒険心は起こせないはずです。なので、40代で自主的な転職を考えるというのは、やはり相当な危険を覚悟しなければならないという事になってしまいます。

 

だから、私としても40代になっての転職はお薦めできません。今の会社で何とか給料をもらえる立場にいるのなら、それにしがみつきなさい、と言いますね。男のプライドで仕事の選り好みはしないほうが賢い生き方ですよ。大失敗をしでかした私が自信をもって言えますので。

さいごに

いかがでしたでしょうか?結局、40代での転職を否定する立場のまとめになってしまいました。

 

しかし、世の中、自分の思い通りの働き方が出来ない方もいらっしゃいます。例えば、会社の倒産がそうです。早期退職を強制してくる会社もあります。では、こういう場合はどうすればいいのでしょうか?

 

次回のテーマとして書かさせてもらいます。

 

40歳前後で行う転職活動の方法 〜転職成功のために〜

このエントリーをはてなブックマークに追加  

まずは大手転職サイトからエントリー


 

Sponser Link



TOP 40代転職体験記 ★40代で転職を成功させる方法★ おすすめ転職サイト