もし今、40歳前後で転職するとしたらどうするか?その2

もし今、40歳前後で転職するとしたらどうするか?その2

前回「もし今、40歳前後で転職するとしたらどうするか?その1」に続きまして40代での「自信」の考え方について自分なりにまとめてみます。

何人もの同業他社からやってきた人達を見ました

私が当時、在籍していたペットショップはあの頃が最も元気で勢いがありました。なので、結構、同業他社の人達が転職して入ってきていましたね。

 

毎年、複数名の人が入ってきていましたよ。

 

で、その人達の転職後の成果は…。
 
残念ながら半数以上の人達が1年と持たずに辞めていかれました。

 

皆さん、入られた時は自信満々でした。そりゃ、そうですよね。私なんかと違い、同じ業界内で長く飯を食ってきた
凄腕の面々だったのですから。

 

では、何故、この人達は当時、最も勢いがあったこの会社に適応できなかったのでしょうか?

 

そこにはそれぞれが持ち合わせていた自信の捉え方が大きく左右されたと思います。

 自信をどう捉えるか?

私は異業種からこの会社に入って来ましたので、絶えず日々が勉強。それと結構、ビクビクする性格でもありましたので、とても自信満々な態度を取れませんでした。

 

一方の同業からの転職組の人達は自信があるせいか、この会社のルールというか、様々なやり方にことごとく反抗していたようです。

 

あの当時、わが社が標榜していた最も大きなキャッチフレーズ、「顧客第一主義」。この考え方の捉え方違いのおかげで当時の社長と転職組さんたちは絶えず、揉めていました。

 

しかし、いくら転職組さんたちに仕事上の知識と経験が豊富だったとしても会社のトップたる人と反目していたのでは、いい仕事は出来ません。結局、一人抜け二人抜け、という具合になっていき、その当時の期待された同業他社組の転職者さんたちはほとんど、辞めていってしまいました。

40歳前後での自信をどう捉えるか?

前にも申しましたように、40歳前後というのは人生のうちで最も仕事に成果を出せる時期です。それは、この年齢に到達するまでの経験値が非常に大きい訳です。ずっと同じ業界でやって来たならば、もうその仕事のエキスパートです。だから、自信もつき自分のやり方を最善だと思う訳です。

 

しかし、当時のあの会社ではことごとく、転職組は退職していきました。つまり、自信から出来上がった自分のキャリア、こだわりが妙なプライドとなって新しい環境下で謙虚になれないという事なのです。

 

これと同じ症状に私もなっていましたので、痛いほどよく分かります。

 

自信は仕事をやっていく上でなくてはならないものなのですが、いざ、転職市場では出し入れの難しさが常について回るのです。自分に自信があるばかりに仕事のやり方について必ず、揉めてはいけない人と衝突してしまうのです。私が、居酒屋の時に当時の店長と反目してしまったのがいい例です。自信の使い方を誤るとせっかく入った転職先も短期間で辞めてしまう結果になりかねないのです。

さいごに

今回は、「自信」についてちょっとしつこいくらい書いてまいりました。

 

自信は面接のときには大いにあなたの味方になってくれます。自信がない人間を転職先の会社はまず採ってくれないでしょうから。だから、あなたは自信たっぷりな表情で面接に臨まなければならないのです。

 

しかし、入社後はこの自信を極力しまいこんで謙虚に振る舞わなければなりません。職場で一緒に働くメンバーは面接に関わった人達ではありません。あなたより経験値の低い若いスタッフです。ならば、自信は必要なんじゃないんですか?と思われるのが当然でしょう。ここに転職の難しさが横たわっているのです。

 

では、次回は40歳前後ならば何を最優先にして転職を考えればいいのか?を少々、書いて参りたいと思います。

 

もし今、40歳前後で転職するとしたらどうするか?その3

このエントリーをはてなブックマークに追加  

まずは大手転職サイトからエントリー


 

Sponser Link



TOP 40代転職体験記 ★40代で転職を成功させる方法★ おすすめ転職サイト