40代転職未経験者の方へC 〜とにかく応募しまくる〜

40代転職未経験者の方へC 〜とにかく応募しまくる〜

前回「40代転職未経験者の方へB 〜まずプライドを捨てる〜」では40代の方が初めて転職するにあたっての心構えについて書いて参りました。
やはり心の持ちようがズレていたら転職のミスマッチが起こりやすいという事なのですよね。

 

では、心構えが万全だと仮定して、次に行うべき行動はどうなのでしょうか?

 

徹底的に応募書類を送りまくる

あなたは会社都合で転職する立場の人です。つまり応募動機、志望理由が自己都合退職者に比べて希薄になる恐れがあるという事なのです。

 

会社の倒産、リストラ、早期退職、何でもいいです。

 

これに該当する人達の中で、「次の会社でこれをやってみたい」、「これをやって自分の能力を認めてもらうんだ」、という意気込みを持っておられる方ならば大丈夫です。

 

あなたは早かれ遅かれ、どこかの会社に落ち着けれるでしょう。

 

問題は「自分が転職をしている身なんだという意識が乏しいケース」です。これが問題です。

 

この手の人たちが持っている意識が「危機意識の欠如」なのです。

 

前の会社を辞めたのも辞めざるをえなかったのも、一重に会社の責任だ。自分は悪くない。会社さえしっかりしていれば自分はこんな目に会う必要もなかったはずだ。この発想になってしまっていたら、もう1ヶ月かけて頭の中を危機モードに切り替えてください。

 

ハッキリ言って、こういう気持ちであったならば何百通、応募書類を送っても成果は出ないでしょう。

 

それは40代の転職が完全に買い手市場だという事を認識できていない証拠だからです。なので、応募書類はこれでもか!というくらい出さなければなりません。

40代の転職は「数撃ちゃ当たる」でいきましょう

ちなみに私が40代最初の時の転職事情をちょっと書いておきます。新聞や転職雑誌などを見て、自分の興味のある会社、行きたいと思った会社をリストアップしました。

 

その数はせいぜい5〜6社です。

 

とりあえず、そこには全て応募しました。そして結果を待つのですが…。

 

結果は、見事に不採用通知ばかりです。1社も引っかかりませんでした。

 

で、もう一度情報誌を洗いなおして再度、送ります。

 

今回も5社前後です。

 

結果は、また同じです。全滅です。ここまでで約1ヶ月の時間を使っています。普通の人でしたらば焦ってきます。

 

私も焦りがで初めていました。「おかしいな、そんなはずはない。職務経歴書も自分なりにきちんと書いているし今までのキャリアにしても決して劣ってはいない。なのに何故?」人間、働く意欲があるのに職がないっていうのはたまらな屈辱です。

 

世の中や他の人間達をこの辺りから呪いたくなってきます。これが40代のスパイラルなのです。

 

20代の転職者達と違う決定的な部分なのです。社会が自分の事をこんなにも必要としていないのか!という事がようやくこの辺りで分かってくるのです。

 

だから、前職でのプライドや自負は一切、捨てて気持ちを真っ白にして下さい、と書いたのです。こういう時は男のプライドは本当に邪魔になります。前職での実績や職位など何の役にも立ちませんので。逆にひけらかせば自分の足を引っ張るだけのモノになりますからね。

 

で、いろいろ書いてきましたが、とにかくそんな事は置いといて応募書類を再度、出しまくってください。出して出して出し尽くしてください。するとある成功法則が見えてくるようになります。

 

現代では転職サイトという便利なものがありますので、とにかくエントリーをしまくって、スカウト登録もしっかりしておきましょう。

 

参考:40代中高年者にもお勧めの転職サイト

 

マニュアル本に載っている通りの書き方で進めてきていた自分のやり方が間違っていた事をやっと気付く時が来るのです。

 

応募書類の中身は何を書けばいいか?

今回は応募書類をとことん出しまくる、という事に軸足を置きました。書類の中身については全く書かなかったので、次回で触れていきたいと思います。でも、いくら中身をバッチリ書いたつもりでも私の場合はあのザマでした。

 

次回で私が途中で気付いた応募書類の中身について書いていきたいと思います。

 

40代転職未経験者の方へD 〜履歴書の書き方〜

このエントリーをはてなブックマークに追加  

まずは大手転職サイトからエントリー


 

Sponser Link



TOP 40代転職体験記 ★40代で転職を成功させる方法★ おすすめ転職サイト