40代転職未経験者の方へB 〜まずプライドを捨てる〜

40代転職未経験者の方へB 〜まずプライドを捨てる〜

では前回「40代転職未経験者の方へA 〜リストラをされた場合〜」の記事に引き続き40代で初めて転職活動を行うにあたってのアドバイスを書いていきたいと思います。あまりマニュアル的にならずに、私の時の体験も踏まえながらの構成にしたいと思います。

 

受けれる企業か、受けたい企業か

いきなり堅苦しい表現なのですが、何をおいても一番最初に行わなければならない作業が次の会社をどうやって決めるかです。あなたは会社都合で退職した身です。恐らく自分自身の大きな夢はあまりないのではないでしょうか?

 

例えば「今までの年収に不満があったから次のところではこれくらい欲しい」だとか、「自分のやりたかった仕事と全然違ってた。だから次の会社ではこんな事をしたい」などの野望や夢です。

 

ハッキリ言ってこういった物欲や名誉欲があったほうが転職活動はメリハリをつけて行えます。しかしながら、ほとんどの人がこの「受けれる会社」と「受けたい会社」の大きな差を痛感させられてしまうわけなのです。なので、自分自身に強い動機が必要となる訳なのです。

 

では、もう少し突っ込んで書いてみましょう。

 

「受けたい会社」イコール「入りたい会社」、はいつの時代も超過等競争率

これが40代で初めて転職する人にぶち当たってくる壁です。仮に今、あなたが在籍していた会社が日本有数のトップ企業だったとしたら、間違いなくそれと同等以上の転職先は望めません。これが中高年者の転職の実態です。

 

そして職種的にも非生産系の仕事にありつける可能性もごく数パーセント程度しかない事をご覚悟ください。入りたい会社もやりたい仕事も、ほんのわずかな人しかありつけないのです。そう、あとは営業系、販売系、ガテン系といった数字を上げる仕事、体を酷使するばかりなのです。別に驚かそうと思って言ってる訳ではありません。これは世の中の趨勢なのですから。

 

それか、40代の人たちが求められるスキルとしてマネージング能力を発揮できる人というのもあります。これまでの仕事のノウハウを蓄積されている方ならば挑戦する値打ちはあるだろうと思います。但し、仕事はキツイですよ。

 

毎日毎日、数字と部下とのにらめっこです。

 

当然、その仕事をする人はその分野で最も売る事が出来た人でないと務まりませんけれども。

絶対に弱気にならない心構えを!

ちょっと脅かすような事ばかり書いてきてしまいましたね。

 

では、早期退職やリストラなどで転職をやらざるを得ない人というのはどういったところに行けばいいのでしょう?それは誰にも分かりません。不親切な回答かもしれませんが、それが世の中の定めだからです。結局、自分の事は自分で決めなければならない。ただ、それだけの事です。

 

前の会社が退職していくあなたに次の就職先を斡旋してくれたでしょうか?そんなのある訳ないですよね。あったならリストラや早期退職に対する世間の目はもっと柔らかくなるでしょう。だからと言って、ここであなたは弱気になってはいられないのですよ。

 

そう、あなたには家庭があります。家族がいます。もし、マイホームをローンで買っていたら向こう何十年かはまだ支払いが残っています。子供達の教育費も本格的に必要になってきます。世の中が冷たいだとか自分んは犠牲者だとか言ってる暇はない訳なのです。

 

リストラや早期退職、会社の倒産などの全責任はあなたにはありませんが何割かはあなたにもあった訳です。だから、ここでウジウジすることだけは絶対にしないで下さいね。

 

選り好みさえしなければ働く場所はある

先にも書いたように、選り好みさえしなければちゃんと働く場所はあります。40代で初めて転職する人が真っ先にやらなければならないのは行きたい会社探しをすることでもなく、応募書類を書くことでもありません。

 

あなたのプライドや見栄、自己中心的な自分の性格をここで粉々にしておいて欲しいという事なのです。

 

次の転職先においてそんなものは何の役にも立ちません。逆にいつまでも持っていると苦労が長引くだけです。まずは気持ちを真っ白にしておく事。これが失業給付金をもらっている最中にまずしておいてほしい作業の始めです。

 

40代転職未経験者の方へC 〜とにかく応募しまくる〜

このエントリーをはてなブックマークに追加  

まずは大手転職サイトからエントリー


 

Sponser Link



TOP 40代転職体験記 ★40代で転職を成功させる方法★ おすすめ転職サイト