40代転職未経験者の方へ@ 〜40代で初めて転職する方の心境〜

40代転職未経験者の方へ@ 〜40代で初めて転職する方の心境〜

転職はその時々の景気の影響も受けますが、成功するかどうかはひとえに本人の「転職して自分の人生を成功させたい」という強い決意です。この決意がブレていたり勘違いだったり思違いだったりすると転職の意味を成さなくなってしまうからです。

 

まず、40代になるまでに転職することなくここまでやってこられた皆さんの努力と頑張りには敬意を表します。大学を卒業してから就職したとしてゆうに18年という歳月をあなたは過ごした事になります。18年という歳月、これを長かったと見るか短いと取るか。

 

では、40代の転職未経験者の方達へのアドバイスという形で書いていきたいと思います

 

転職は何歳になっても不安なもの 

40歳という人生における立ち位置は企業60歳定年で捉えれば中高年者の入り口という事が言えるでしょう。さて、そういう立ち位置にいらっしゃるあなたが、何故、転職を選ぶのかですね。

 

年齢的には不利な時ですし、初めて転職活動をするとなると何から手をつけていっていいのかも分からないという状況でしょう。不安と心配が重なってくるのは当然でしょうね。

 

でも、転職っていう活動は別に何歳だから不安だとか不利だとかという解釈はあんまり関係ないんですよね。

 

私が初めて転職活動をしたのは確か30歳になった時でしたね。社会人経験は約8年。もう中堅どころの立場です。会社の仕事にも十分慣れ、後輩も増えてさあ、これからっ、という時期です。そんな若かった時でも始めての転職活動はものすごく緊張したのを覚えています。

 

私の場合は自己都合。別に会社から左遷とか早期退職を迫られた訳ではありませんでした。要は自分の意思で新天地を求めに行った転職です。

 

辞める会社に退職の意思を伝えに行ったときは本当に緊張しました。何せ、8年間、お世話になっていた会社です。心のどこかに罪悪感がありました。恩義と義理という言葉ではなかなか言い表せれないしがらみのようなものに対してです。

 

転職する原因は何ですか?

どんな会社でも3年間勤めれば愛着や義理と人情のようなものが湧いてきます。在籍中はあんなに嫌いだった上司や先輩の顔がまともに見られません。自分は何て悪いことをしているんだ、という意識でいっぱいでした。

 

私の場合は8年間でその気持ちがたっぷりありました。

 

だとすれば40歳まで同じ会社に勤めている方の18年という歳月はどんなものなのでしょうか?残念ながら18年もの長期間、同じ会社で働いた事がありませんのでその気持ち理解することは出来ません。

 

しかし、ご本人にとってみたら不本意以外の何物でもないだろうな、とは思います。40歳になって転職しなければならない羽目になるとは夢にも思われなかったことでしょう。それが自己都合であっても会社都合の退職であったとしてもです。

 

転職せざるを得ないのであれば割りきって行動を

今回は40代になってもし転職をしなければならない立場になったとしての心の問題を中心に書いてみました。あなたは今の会社に入って脇目もふらず18年間、頑張ってきたのです。どういう状況であれ、今更、ここで転職という事態になってしまうのは本当にたまらないでしょう。

 

でも、なってしまった立場の人にとったらいつまでも嘆いていたり泣き言を言っても何も始まりません。第2の人生のスタートは切って落とされたのです。

 

具体的にどうやっていったらいいのか?何から手をつけていったらいいのか。いつから始めていったらいいのか?

 

次回は自己都合と会社都合とに振り分けてこのケースを更に掘り下げたいと思います。極力、当事者となった方達の視点から書いていきますね。

 

40代転職未経験者の方へA 〜リストラをされた場合〜

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

まずは大手転職サイトからエントリー


 

Sponser Link



TOP 40代転職体験記 ★40代で転職を成功させる方法★ おすすめ転職サイト