40代転職マニュアル

40代で転職を成功させるための方法

このサイトに訪れている方は40代中高年者の方で何かしらの理由で転職活動をする必要がある人だと思います。

 

私自身も40代でかなりの数の転職を経験しました。

 

本当に当時はがむしゃらでした。プライドだけは高く、人を扱う仕事にこだわり、多くの会社を転々としました。ほとんどの会社がブラック企業でしたが、最終的には今の職である役員運転手に落ち着くことができました。40代になったにもかかわらず、こんなにも転職を繰り返してしまい、本当にアホなことをしたなあと思っているのですが、一つだけわかったことがあります。

 

それは...

 

40代でも転職は問題なくできる

 

ということです。

 

もちろん、今の会社で生活に問題がなく、居続けることができるのであれば、無理に転職をする必要はありません。むしろ、今働いている会社で成長し、高みを目指していっていただきたいです。

 

ただ、そうではなく、リストラされてしまった場合やブラック企業で到底将来が見えない会社に勤めている方もいらっしゃるかと思います。転職活動をせざるを得ない方、したほうが良い方も多いかと思います。

 

もちろん大いに転職活動してください。
 
ブラック企業で自己を犠牲にする必要なんて決してありません。確かに中高年の人は若い人に比べると採用のハードルは上がってしまいますが、私が13社も転職できたように、強みを持って挑めば問題ありません。とにかく、行動、とにかくもがいていきましょう。

 

では、どうすればいいか...

 

ここでは40代で13社転職した経験を生かし、今もし自分が転職活動をするのであれば、どうするかについて書きたいと思います。

 

中高年者におすすめの職業とは

まずは中高年の方でも転職がしやすい職業を見ていきましょう。

 

40代転職13社体験記はご覧いただきましたでしょうか。

 

お恥ずかしい話、13社も転職をしてしまいました。私が40代から転職した職は以下の通りです。

 

1社目の転職:東証一部建築営業
2社目の転職:冠婚葬祭事業会社
3社目の転職先:理・美容院向けの卸問屋
4社目の転職先:警備会社
5社目の転職先:回転寿司チェーン
6社目の転職先:壁のリフォーム会社
7社目の転職先:什器類製造販売会社
8社目の転職先:元々の在籍していたペットショップ会社
9社目の転職先:ホテル宴席補助業者
10社目の転職先:単身赴任で居酒屋チェーン
11社目の転職先:タクシー運転手
12社目の転職先:役員付運転手
13社目の転職先:役員付運転手(最終回)

 

40代でもこれだけの会社に転職することができました。

 

もちろん、ブラック企業も多く、決して褒められたことではありませんが、40代でも問題なく転職ができることを身をもって証明することができました。

 

とはいえ、同じ40代の方にもお勧めできる職業とそうでない職業があります。

 

 飛び込み営業系は鉄のハートが必要 NG

「6社目の転職先:壁のリフォーム会社」でも書きましたが、飛び込み営業はとにかく精神的な辛さが半端ないです。全く見ず知らずに一般家庭に訪問して、誰からも相手にされず、時には不審者として疑われ通報されたりと、並大抵の精神力でないと持ちません。

 

ただし、その代りに辞める人も多く、常に人材を募集しており、転職は決まりやすいと思います。あなたが鉄のハートを持っていて、飛び込み営業が好きな人であれば、一度試してみてもいいかもしれませんね、歩合制でうまくいけば年収をアップさせることができるでしょう。

 

 飲食業も体力が持たない NG

「5社目の転職先:回転寿司チェーン」「10社目の転職先:単身赴任で居酒屋チェーン」でも経験しましたが、飲食業は中高年の方にはおすすめできません。それはやはり体力の問題ですね。40代前半まではできるかもしれませんが、40代半ば50手前となると、若い人には付いていけなくなります。定年までずっと居続ける場所を探しているのであれば、やめておきましょう。

 

タクシー運転手も命の危険を感じる NG

まさに中高年の方が多く働いている職場です。人も足りておらず、タクシーの運転手も若い人より、ある程度落ち着いた中高年のほうが安心感があり、定着しているため、中高年者の方の採用が決まりやすい職業です。

 

ただ「11社目の転職先:タクシー運転手」でも書いていますが、手取りはかなり少ないです。頑張り次第で確かに売上は月50万円を突破することも可能ですが、深夜での運行が多くなりますし、事故も多発します。疲労による運転ミスが起きてしまってからでは遅いんです。ちなみに私は退職した月は売上70万円台にのせましたが、退職に伴う諸費用を差し控えれて手取りは7万円と、まさにブラックな会社でした。ハイヤー運転手になれるのであれば、価値はありますが、一般のタクシー運転手はおすすめできません。私が現在やっている役員運転手のための運転の練習に使うのは良いかもしれませんね。

 

一時は骨を埋めようとも思った警備業界 OK

「4社目の転職先:警備会社」でも書いていますが、警備業界は中高年者の方にもおすすめできます。中高年者でも採用が決まりやすいですし、体力的にも楽です。上下関係が厳しいですが、それさえ乗り越えれれば安住の地と言えるでしょう。私はモノを売って稼ぐという仕事で成功していないという気持ちで辞めてしまいましたが。。。

 

今現在も続けられている役員付運転手 OK

40代13社転職体験記の最終回でもある「13社目の転職先:役員付運転手(最終回)」で現在も続けている職業です。

 

もう、この時は50代になっていますから、何よりも体力的に楽であるということが魅力です。給料もそこまで悪くありませんし、待ち時間が多くて、こうやってブログを書いたり、本を読んだり、副業をしたりして、何かと充実しております。運転歴は必要ですので、タクシー運転手など経験してからのほうが採用が決まりやすいかとは思いますが、役員運転手という職業も候補に入れておいてください。

 

以上、私が経験した職業の中では「警備業界」と「役員運転手」が中高年の方にもおすすめの職であると実感しました。職選びの参考にしていただければと思います。

 

40代の転職活動 転職サイトを使う

では、次に40代の方の転職活動の効果的な方法について考えてみます。

 

転職サイトを利用

私の時代には「転職サイト」といった便利なものがありませんでしたが、現在は無料でこんなにも簡単に転職活動ができるサービスができており、羨ましい?限りですね。無料で登録も簡単ですので、まずは「転職サイト」を使うことをお勧めします。エントリーも何社でもできますし、スカウト機能もあって企業からのオファーを待つこともできます。転職活動の時間短縮がかなりされていると思います。また、採用側も転職サイトが使えるくらいのパソコン能力は欲しいと思っているでしょう。

 

現職がある人は働きながら転職活動をするのがベター

現在も職がある方向けですが、次の転職先が決まるまでは辞めるべきではありません。40代でももちろん、転職することはできますが、やはり次の転職先に当てもないのに辞めるのはおすすめできません。辞めてもすぐに転職できればいいのですが、そうでない場合はどうしてもブランク期間ができてしまいます。ブランク期間があると採用側もいい印象を持ちませんので、ブランク期間は作らないようにしましょう。また、失業保険をもらったほうが得という考えもとりあえず捨てましょう。これはリストラなどにあった時の最終手段と考えておいたほうがいいです。

 

中高年者にもおすすめの転職サイト

では、次にどの転職サイトを利用すればいいかについて考えてみたいと思います。

 

働きながら転職活動 リクナビNEXTのスカウト登録

転職サイトではスカウト登録がおすすめです。スカウト登録とはあなたの履歴書を転職サイト上で登録しておくことで、採用担当者の目に留まるようになり、企業からのオファーを待つことができるという機能です。

 

このスカウト機能は中高年者の方には特におすすめです。なぜなら、スカウト登録で他の若い人にはない中高年者ならではの強み、経験、資格、技能などを記載しておけば、それをまさに欲しいと思っている企業からオファーが来ますので、案外簡単に転職先が決まる可能性があるからなんです。

 

スカウト機能が充実している転職サイトはリクナビNEXTです。

 

>>スカウト登録でオファーを待つ リクナビNEXT
 
大手転職サイトで登録数もトップクラスなのでまずは押さえておきたい転職サイトです。スカウト登録でこれでもかと思うほど自己の強みをアピールしましょう。

 

大手転職サイトはできる限り抑えておきたい

大手転職サイトはやはり求人側も登録数が多く、更新頻度も早いため、登録しておきたいです。
 
DODA・・・非公開求人を多く取り扱っている求人サイト。転職のプロのキャリアコンサルタントはとても頼りになる。

 

マイナビ・・・CMでもお馴染み。リクナビと並び大手転職サイト、求人数も多く要チェック

 

それぞれ、得意な分野がありますので、時間に余裕がある限り登録しておきましょう。上記でおすすめした警備業界や役員運転手の求人もやはりそれほど多くはありませんが、募集しています。人気の職ですぐに募集が終わってしまいますので、常にチェックするようにしましょう。

 

 企業の口コミ、年収情報をチェックしてブラック企業対策に使う

転職サイトとしてはまだまだ知名度は低いですが、キャリコネ転職サービスもおさえておきたいです。キャリコネ転職サービスは企業の口コミ、評判、年収情報、残業情報、面接体験談など、ブラック企業対策や面接対策の情報が充実しており、情報ツールとして重宝されています。
 
>>企業の口コミをチェック、キャリコネ転職サービス

 

口コミを投稿することもできますので、もしあなたもブラック企業に勤めているのであれば、少しでも多くの人が同じ被害に合わないように口コミを投稿しておきましょう。

 

タクシー運転手専門の求人サイト

タクシー運転手はお勧めできないと書きましたが、やはり中高年者の採用が決まりやすい職です。また、いきなり役員運転手に採用されるのは難しいので、まずはタクシー運転手で経験と実績を積むことをおすすめします。

 

タクシー会社の転職はタクシー転職専門サイトを利用すればよりスムーズに転職活動できます。

 

>>タクシー転職専門サイト

 

 年収700万円以上のハイクラス求人を目指すなら(番外編)

40代で転職活動中の方の中には前職でのポジションが管理職でさらにキャリアップを目指している方も多いかと思います。

 

高年収を目指すのであれば、転職活動方法も全く変わってきます。ハローワークにはなかなか高年収の求人は掲載されていないので、こちらも基本は転職サイトを使うことになりますが、使う転職サイトが一般とは異なります。

 

ハイクラス求人専門の転職サイトを利用します。ハイクラス専門の転職サイトはtype転職エージェントリクルートエージェントがおすすめです。

 

type転職エージェントは90%以上が非公開求人で前職のキャリアやTOEICの点数等で紹介する求人及び担当するエージェントの質が決まります。前職のキャリアがある程度の質を確保できているのであれば、ぜひ利用してみてください。

 

ハローワークはおすすめできない

ただ、退職されている方はハローワークも利用しているかと思いますが、ハローワークで転職先を探すのはあまりおすすめできません。ハローワークは求人を載せることで補助金をもらうことができるため、補助金目的で本気で採用するつもりがない企業や採用してもすぐに解雇にするブラック企業も多く掲載されている可能性があるからです。

 

参考記事:ハローワークに求人を載せている企業は補助金目的で採用する気はない?

 

一方、転職サイトは企業側が掲載料を払う必要がありますので、本気でいい人材を探している会社がほとんどです。もちろん、どちらの媒体でも優良企業、ブラック企業が混在していますが、転職サイトをメインに使うほうがおすすめです。
 

とにかくエントリーしまくろう

中高年者の方はやはり書類選考で落とされてしまうことが多いです。年齢制限は書かれていませんが、やはり若い人を優先されてしまうのは致し方ありません。ただ、それで諦めていたらずっと今の会社で働き続けることになります。私も13社も転職を経験して、ようやく安住の地に着くことができました。途中であきらめていたら、過労で倒れてしまったりしていたかもしれません。諦めずに本当によかったと思います。
 
40代であれば10社、20社は当たり前です。その時のタイミングと運もあります。今では転職サイトを使えば簡単にエントリーできますので、とにかくエントリーをしまくりましょう。
 
また、その他、面接対策についてなどは当サイトのコンテンツ「40代転職活動成功する方法」や「50代の転職活動のコツ」なども参考にしてください。

 

最後に 諦めずに前に進もう

以上、40代の方向けに転職を成功させるための方法について書きました。

 

そんなに魔法のようにうまくいくアドバイスは出来ませんが、とにかく、一歩でも前に進むことが大事です。

 

諦めないことで私も役員運転手という今の職に就くことができました。それが正解だったかはわかりませんが、今はとても楽で充実した日々を送っています。諦めてどこか途中の会社で今も働いていたと思うとゾッとしますね。

 

中高年者の転職活動はやはりそう簡単ではありませんが、諦めずに前に進んでいきましょう!応援しています!

 

40代中高年者にもお勧めの転職サイト

このエントリーをはてなブックマークに追加  

まずは大手転職サイトからエントリー


 

Sponser Link



TOP 40代転職体験記 ★40代で転職を成功させる方法★ おすすめ転職サイト 50代の転職