40代で10回転職を成功させた男の体験記録 〜中高年者の転職成功のコツ〜

中高年派遣社員勤務体験談【35歳男性:建設会社(ゼネコン)勤務】

中高年派遣社員勤務体験談
35歳男性
派遣先:建設会社(ゼネコン)

 

今、私は派遣社員として働いています。最初は正社員としての雇用を求めていましたが、一方で「派遣という形態でもいいな」とも思っていました。

 

なぜ派遣でもいいと思ったかというと、「過度な責任を負うことなく、自分自身のスキルを伸ばせるのではないか」と思ったからです。こうお話すると責任逃れに見えるかもしれませんが、当初私はそう思われてもいいと思っていました。

 

なぜそう考えていたかというと、働くということには大なり小なり責任というのがついて回るからです。

 

実際に派遣として働いてみて分かったのは、派遣という立場であってもある程度の責任を負っているということです。正社員の方ほど大きな責任を負うということはないですが、多少なりとも責任というのは発生します。

 

だからこそ、自分自身が成長できるという側面がありますし、スキルアップにもつながっていると感じています。

 

そして、派遣社員として働く上でもう一つのメリットがあるのではないかと考えていました。それは、いろいろな会社で働くことができ、それぞれの会社の強みや得意分野を知り、それを自分自身に還元できるのではないかと思ったのです。

 

「広く浅く」ではなく、「広く深く」学べ修得できるのでは、と思ったこともあり、派遣社員という立場を選びました。

 

派遣先に転職するまでの経緯 派遣サイトの利用について

私は現在、建設業に特化した派遣会社に勤務し、建設会社(ゼネコン)の現場事務所に派遣されています。業務内容は図面の作成や工事計画の立案などです。

 

今勤めている派遣会社は、派遣の求人サイトで知りました。利用したサイトは「en派遣」です。その他にマイナビ派遣リクナビ派遣なども見て回っていました。

 

派遣会社に応募して面接に行きましたが、そこでは今までの経歴や得意分野、何ができて何ができないか、をお話していたと記憶しています。他に簡単なスキルチェックもやりました。

 

ワードやエクセル、CADといった仕事で必要となるであろうアプリケーションを土に程度使えるのか、のテストを会社に備え付けのパソコンで実施しました。テスト自体は難しくなく、日頃パソコンに触れていればできるものばかりでした。

 

私が今の職場で働いているのは、インターネットの求人サイトを見たことがキッカケでした。インターネットには正社員だけではなく派遣社員としての求人情報もたくさん載っています。

 

自分が納得して就業するためには、「何をやりたいのか」を明確にすることが必要であると思います。これがハッキリしていれば、やりたいことがピンポイントでやれる職場やそれに関係する職場で働ける確率が飛躍的に高まります。

 

そういう職場を紹介している派遣会社はどこか?を調べ、そこで紹介されている求人に応募すればいいのですから。

 

まずは、「何をやりたいのか」をはっきりさせることです。その上で、「それができるか」を考えてみて下さい。そうすることで、派遣先の面接に伺った際に売り込むポイントが明確になり、派遣先が求めていることとマッチする可能性が高くなります。結果、採用される確率が高くなるのです。

 

私は、今の職場に派遣の面接に伺った際、自分のやりたいことと得意なこと、不得意なことをすべて話しました。そうすると紹介された職場はすべてやりたいことや得意なことを活かせるところでした。ハッキリしていればいるほど、就きたい職場に近づくことができるので、せひその点を考えておいて下さい。

 

派遣はやっぱり不安定なのか?

巷で言われているように、派遣社員として働くというコトは不安定な状況に陥りがちです。

 

実際、働いていてそう思うこともあります。半永久的に今の職場にいられるわけではなく、先般の派遣法改正によって最長3年しかいられないのですから。

 

とはいえ、現在は正社員であってもリストラされたり希望退職の応募をせざるを得ない状況が多くなっていることを考えますと、不安定さは正社員と大差ないように思います。

 

また、どんなに安定していると思われている会社で正社員として勤務していても、一つ問題が起こればあっという間に経営に大きなダメージを被ることすらあります。最近問題になっている、マンションの杭工事などはその例ではないでしょうか。

 

このように、正社員という立場であっても安心とは言えないのが今の時代です。そういう意味では不安定であるというのは派遣社員だけではないと言えます。

 

また、派遣社員という立場は、スキルアップにはもってこいの立場であると言えます。先ほど「広く深く」学べるとお話しましたが、複数の会社の得意分野や強いところを自分の目で見て、実際にやることができるのですから、スキルは間違いなく上がります。

 

私は派遣社員として複数の会社で勤務をしてきましたが、それぞれの会社で得意としている仕事に多少なりとも関わってこれました。得意としているところはその会社が力を入れて取り組んでいるとも言うことができ、その仕事に関わる可能性は高いです。

 

派遣は自分自身を今よりも高めるという意味では、うってつけの立場と言えます。

 

 中高年でも派遣社員で生活できるのか?給料や保証について

派遣として働いてみて思うことは、正社員時代よりも給料の面では多少見劣りするなということです。

 

現在の私の給料はだいたい20〜30万の間を推移しています。これは休日の多少によって変動があるためです。

 

ただ、大きく減ったわけではなく、残業が多くない分が減っていると感じています。交通費が全額支給されることを考えると、そこまで不安に感じる面はないです。

 

生活面で大きく変わったところはありませんが、たまに贅沢したいなと思ってもそれができないというのは少し寂しい点でもあります。できないわけではないのですが、正社員に比べて不安定という側面があることは否めないので、二の足を踏んでいるのが実情です。

 

ただ、比較的自由に働かせてもらえていると感じてもいます。ただ指示を受けてそれに忠実にやるのではなく、自分自身の考えをそこにプラスして意見することで、自分自身の評価をどんどん高めていけるのです。

 

さらに、やりたいことを持っているとそれを考慮して仕事を振ってもらえることもあり、非常にやりがいを感じています。そういう面があるので、多少給料が劣っていてもやりがいを日々感じています。

 

派遣社員の今後の展望と予測

派遣法の改正により、今後は派遣社員が増えると思われます。この法改正を見込んでか、派遣会社によってはこのような営業をかけているところもあるようです。

 

「御社は正社員を雇い続ける必要はありません。当社が必要な分だけ派遣社員をご用意いたしますので」

 

いくつかのところからこのような声を聞いているので、多くはなくても複数の派遣会社がこのような謳い文句で営業をしていることは間違いなさそうです。

 

このような背景からも、正社員を派遣社員に切り替える会社は増えるであろうと思います。

 

そうなると、今派遣社員として頑張っている人はあとあとで差別化を図ることができると予想しています。派遣で働くというコトがどういうことか分かっていれば、あとはその特性を活かして仕事ができます。

 

派遣社員としての強みは何か?を把握していれば、それを見据えながら仕事をすることができます。さらに今からスキルを磨いておくことで、「あなたにウチに来て欲しい」と指名を受けることも可能になるでしょう。

 

 中高年で派遣として働こうとしている方へ

派遣社員として働く場合、年齢に関係なく立場が下であるという意識があれば、やっていけます。

 

中には自分よりも年下であっても敬語を使ってこない人もいますが、あまり気にしないでも大丈夫です。

 

それよりも、自分のスキルを高めるというコトにフォーカスして仕事に取り組んで下さい。私は派遣になってもう4年になりますが、この間ずっと自分のスキルアップにフォーカスしてきました。

 

その結果、同年代では誰にも負けない!という自信を持つことができ、その根拠も持てるようになりました。自分自身を高めるということに集中して、仕事に取り組めれば、いつも必要とされ続ける存在になれる!と私は確信してます。

 

⇒40代13社転職体験記 TOPへ

このエントリーをはてなブックマークに追加  

まずは大手転職サイトからエントリー


 

Sponser Link



TOP 40代転職体験記 ★40代で転職を成功させる方法★ おすすめ転職サイト 50代の転職