40代、50代の健康管理

50代になってからの体力健康維持の方法

前回「40〜50代でもバリバリ働く為の方法」からの続きという事で、50代になってからの私が行っている体力の維持の方法を書いていきたいと思います。

 

私は今の役員運転手の仕事を50代になってから始めました。最初は仕事のメインは運転なので何と体の楽な仕事なんだろう!という事で感激しておりました。ところがやり始めてから丸一年が経過した辺りから今まで感じた事のなかった体の異変が発生したのです。

 

強烈な坐骨神経痛 整骨院に通う

50歳になってからまずタクシー運転手業務を1年やりそれから現在の役員運転手の世界へ入りました。なので正味51歳頃からの兆候だった訳です。何とか1年間は我慢しながらやってましたが、とうとう限界が来ました。

 

昨年から妻が通っていた整骨院に通うようにしました。効果的にはかなりてき面です。早めに行っておくべきだったなあと思いました。

 

坐骨神経痛は現在も通院しています。恐らくこの仕事を続けている限り完治はしないでしょう。もはや仕方ないと思ってますが。

 

筋トレの再開 

本年に入ってから筋トレも復活させました。腕立て伏せや腹筋はそれまでもやっていたのですが、膝や肩の痛みが気になっていたので思い切ってベンチを買ってダンベルによる筋トレをすることにしました。

 

こちらの効果は抜群です。

 

元々、私の体質に合っていたのでしょうか?

 

両膝の具合は良好になり五十肩の方も右肩の方はもう痛みません。あとは左肩の方です。こちらも時間をかけてトレーニングしていくつもりです。このように若かった時には想像もしなかった体の痛みが出てきます。

 

40〜50歳になっても以前のようにバリバリやっていこうと思えば大なり小なり何かを自分に果たしていかないと体の衰えはどんどん進行してしまうという事ですね。

 

40代、50代からの筋トレについては特化して50代の筋トレ.comというサイトで解説していますので参考してください。

 

50代の筋トレ.com

 

食後の散歩の習慣

あと、私の現在の体重は67・5キロ前後です。ここ10年間は増えもせず減りもせずです。

 

以前書きましたように妻の食事によるところが大きいですね。酢の物やひじきなどの食品多く摂るようになりましたね。

 

あと、以前は嫌いだった納豆も週に2〜3回は食べてます。血液をサラッとさせるのも健康維持のためには大事ですから。

 

夕食のご飯の量も大幅に減らしました。その代わりおかずを多めに食べてます。アルコール類はこの仕事をするようになっ本当に減りました。

 

以前は1日に一本の缶ビールは必ず飲んでいたのですが。今では月に2〜3回程度です。

 

あと、昼食後に必ずやっているのが散歩です。運転手の仕事はやはり放っておくと確実に運動不足になります。なのでお昼時間を利用して近所の道を散歩してます。

 

まあ、仕事の加減で出来ない時もありますが、概ねルーティンワークとして定着してきた感じですね。これが私が現状で行っている運動やトレーニング、食事の取り方などです。

 

DHA・EPAサプリメントも愛飲しています

50代とものなると、どうしても健康食品のCMに目がいってしまいます。

 

「いつまでも若々しくバリバリ仕事をして、旅行やハイキングに行きたい」

 

この思いはゆるぎないと思います。

 

とはいえ、数ある健康食品でどれが効果があるのか?

 

ちなみに私が愛用しているのは「きなり」というDHA・EPAサプリメントです。

 

どうしても付き合いがあると、飲んでしまいますし、魚を摂取する機会も少なくなってしまいます。

 

そこで、何か改善策はないかと思い、見つけたのが「きなり」でした。

 

日々の生活習慣にも気を配っているからだと思いますが、おかげで日々健康を感じています。

 

何より、関節の痛みが減ったことが嬉しいですね。

 

50代〜60代でも健康、体力を維持するためにこういったサプリメントもありだなと感じています。

 

中高年者の健康にDHAサプリメント きなりの詳細はこちら

 

50代以降はさらに体衰えていくが....

とはいえ、年を重ねるごとに体は衰えていくのは致し方ないことです。

 

最近は首が痛むようになりました。パソコンで記事を書くようになったきてからです。

 

なのでパソコンに向かえるのはせいぜい30分が限界です。これ以上やってると首が鉄のように硬く重くなってしまいますので。ここまで書いてきて、我ながら自分の体がボロボロになってるのを改めて感じますね。

 

年々、股関節も硬くなり歩くスピードも遅くなってます。視力もこの1年でだいぶ落ちました。恐らく来年はメガネが必要になっているでしょう。人間の体力というのは厄年を過ぎるとこうまで落ち込むか、というのを自分が体験する事によって始めて分かった次第ですね。

 

だから中高年者にとったら店舗での立ち仕事が向かなくなるわけなんですよね。若い時のような気分な動きはもう永遠に出来そうもありませんから。

 

そう思うと営業系の仕事っていうのは歳を重ねるごとに真価を発揮しやすい仕事だったんだなあ、とつくづく思いますね。中高年になったからと言って特別、体を酷使する職種ではありませんからね。

 

そういう意味では今、営業系で頑張っておられる方がいらっしゃいましたら是非とも今のポジションをしっかりと守り抜いていただきたいな、と心から思います。なんだかんだ言っても日本の営業の仕事ほど強い仕事はないでしょうね。

 

最初の10年間で自信をつける事が出来たら本当に固い仕事となるでしょう。

 

40〜50代でもバリバリ働く為の方法【食事制限、ジム通い】

 

※50代から健康寿命を延ばすための情報特化サイトを作りました。私が実践している健康法を書いていますので参考にしてください。
⇒50代から健康寿命を延ばす ?生涯現役ひでちちのブログ?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

まずは大手転職サイトからエントリー


 

Sponser Link



TOP 40代転職体験記 40代転職成功のコツ おすすめ転職サイト 50代の転職