40代転職者の面接の挑み方【会社にとって利益になることを見せる】

40代転職者の面接の挑み方【会社にとって利益になることを見せる】

何歳になっても自分がどうしても入りたいと思う会社への面接というのは嫌なものです。

 

たださえアガルのが面接です。

 

ましてや前に面接を受けたのが5年も6年も前だったりしたら面接の感覚もすっかり忘れているわけです。緊張するなと言われても無理な相談でしょう。かといって何も準備する事なく臨む面接は、いくらなんでも無謀です。

 

では、40代になっての面接の乗り切り方を書いてみたいと思います。

 

マニュアルに頼った面接はどうでしょうか?

もしあなたが転職をするのは初めて、という状況であったとしても転職サイトや本屋さんに売っているマニュアルの内容通りの面接の臨み方でいいでしょうか?

 

そもそも面接は企業とあなたのお見合いの場です。要はどこが気に入ったからこの会社を受けたかったのか。

 

会社の方としては、あなたのどんなスキルが我が社にとって有効なのか。

 

双方が確認したいのはこの程度ではないでしょうか?

 

それをいろんなマニュアルの通り一辺倒のやり方で対応しようとするから会社側から拒絶反応が出てしまうのです。つまりマニュアルがないと何にも出来ない人間なのではないか?という捉えられ方です。40代の転職者を受け入れてくれる会社にとったら今更、マニュアル通りの人間なんて必要ないのです。

 

それよりも今までの経験によって培われたあなたにしかないスキルを会社は欲しがっているのです。

 

では、どういう事なのかもう少し詳しく書いてみます。

 

入社してからも会社に依存しようとするべからず 

そこそこの大手の企業であったならば転職者を一堂に集めて合同研修という名目で導入的な研修はやってくれます。この時間の間じゅうにその会社の気風や癖を素早く感じ取っておく必要があります。と言っても大抵の会社はほぼ同じです。

 

つまり、わからない事があったら自分の方から率先して聞きに来る。一度聞いた内容はその場でメモするなりして完全に自分なりに把握する。もし今度またその件について質問するのなら前に聞いた内容の肉付け的な事である。

 

自分がどこかの部署に配属されたなら最低1年間は一切の文句、不満を言わずに率先して業務に励む。その部署に一番早く入り帰る時も上司よりも先に帰らない。この姿勢を持って面接に臨んでいれば、大方、間違いはありませんでした。

 

ん?今、書いた内容というのは会社に入ってからの臨み方ではないんですか?という声が聞こえてきそうですね。

 

そうですね。その通りです。

 

つまり、面接の時点においては最低限のマナーやモラルを見せるのはあたりまえ。この時点で常識のない組織に向かない人間と思われたら、いくらマニュアル通りにやっても一緒です。要は、私という人間は会社が用意したレールやマニュアルがなくてもちゃんと渡っていって会社にとって有益な利益を上げれますよ、というところを見せて欲しいという事です。

 

そのためには受けに行く会社がどういった事業で、どういった商品やサービスでもって成り立っているのか。どの商品が最も多く売れていて会社の基幹産業になっているのか。これからの生き残り方を経営者を含めて全社一丸となって取り組んでいるのか。

 

などの視点でその会社の経営者か役員クラスになったつもりで面接の場で質問すればいいだけの事なのです。

 

注意しておく事

だからと言って一方的にあなたがモチベーションを握りっぱなしでいいという事でもありません。あまりに自分に自信がありすぎると面接の場があなたの自慢話の場になってしまいます。相手の聞いてもいない事を鬼の首でもとったかのような気分になって喋りまくってしまったら間違いなくNGでしょうね。

 

面接はあなたが会社からこの人はこの会社で仕事をしていく上に当たって、適性があるかどうかを見られている場です。自分の能力を少しでも知ってもらおうとして余計な事まで喋ってしまったら、返って評価を落としてしまう事は誰の目からしても明らかですね。

 

でも、そんな明らかな事を私はかつてやってしまいました。

 

優秀な人材を求めるのが面接の役目なのですが、上司の指示を無視して暴走してしまう社員を会社は求めていません。面接の場では聞かれた事だけを要領明快に簡潔に答える。これが出来ていればコミュニケーション能力もプレゼン能力もある人だなと思ってもらえます。聞いた事を即座に正しく理解して短時間で即、実行に移せるか。問われるのはこの点でしょう。

 

この姿勢が身に付いている人ならば面接なんて全然、怖くないはずです。

 

さいごに

あまり要領明快に書けたかどうか甚だ疑問ですがとりあえず、ここまでが私が感じた40代での面接の対応の仕方です。

 

でも、具体的な質疑応答が全くありませんでしたね。次回はそこに重点を置いて書いていきたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

まずは大手転職サイトからエントリー


 

Sponser Link



TOP 40代転職体験記 ★40代で転職を成功させる方法★ おすすめ転職サイト