40代はどうやって面接を突破するのか?面接のテクニック

40代はどうやって面接を突破するのか?面接のテクニック

何回こなしても面接というのは嫌なものです。

 

絶対にこちらの予想通りの展開にならないからなんですよね。

 

予想通りという事はこちらが考えていた質問への返答や聞いてみたい事の質問例です。しかし、どこの会社も面接の主導権を受けに来た人に握られるわけにはいきません。一つ二つは面接者をしどろもどろさせる質問が飛んできます。

 

では、私がこれまでやってきた中で、比較的多かった具体例で書いていきたいと思います。

 

ストレート勝負の質問 

ちょっと野球っぽい感じですが、どんな会社でも面接で絶対に外せない質問、それは
 
「何故、我が社に入りたいと思いましたか?」

 

です。

 

この質問一つであなたの志望理由、過去の経歴、今までの実績やキャリア、入ってからやりたいことなどが全て網羅されてしまいます。面接担当者はあなたがどこまで本気でこの会社に入りたがっているかを聞き出そうとします。なので、格段、前職での業績やキャリアを聞き出そうとは思っていません。

 

むしろそん自慢話のような答弁に付き合うほど面接官も暇ではないのです。あなたの後にはまだ10名以上の面接の予定が入っているかもしれませんので。ここは、最初の面接への導入部分です。できたらスマートに切り込みたいところです。

 

「御社に入りたいと思った最大の理由」は、人によってまちまちになるでしょう。

 

・経済的な部分
・前職でのあまりにブラック的労働による身体への弊害
・ちょっとカッコをつけて「よりいい条件のもとでプロを目指したいから」

 

などなど。

 

別に相手の会社に直球で訴えかけれる中身であればどんな内容でも構いません。あなたの人柄が直接、伝わる言葉だったらいいのです。

 

「御社の社会的貢献度」だとか「業界のリーディングカンパニーだから」とかいったいかにもどこかの本やサイトに載っていそうな文言や新卒生が使いそうなマニュアルトークはつま使わないようにしましょう。

 

そんな言葉ばかり使っていては地のあなたの本質が見えてこなくなるからです。

 

それと、他力本願のように聞こえる志望理由もいけません。

 

「御社の業界におけるシェア50%という数字に魅力を感じました」なんていう新卒者向けの文言もダメです。

 

どうせ言うなら「私の力を使ってシェア50%をあと10%増やしたいから」っていう言い方ならば会社側もあなたのヤル気を感じるでしょう。志望動機を伝えるにはどれくらい自分に生産性があるか、を相手に分からせる工夫が必要なのです。

 

質問はありませんか?に対して

先に申し上げておきますが、必ず面接の時間内にあなたからの質問を聞く時間を設けてくれるわけではないという事です。つまり導入部分に当たる志望理由でこけてしまったら、ハイそれまでよ、なんですよね。

 

面接官も忙しいのです。見込みのなさそうな人に1分も2分も余分にかけていられません。

 

質問タイムはあなたの志望理由が理にかなっており、面接官にとって非常に有用な人物だと思ってもらえて初めて与えられるのです。

 

ですから、せっかく掴んだ面接のチャンス。何が何でも用意した質問を伝えれるように用意周到、臨みましょう。

 

質問は先程までの志望理由にリンクした内容を聞くことが面接官にとっても一貫性があって大きくズレたりせずに済むでしょう。

 

でも、この質問タイムにしか聞けない事を聞くのも重要です。

 

それはズバリ、給料や賞与の事。

 

こんな質問はいきなり失礼だ、という風に捉える方もいらっしゃいますが、逆にどうしてもこの会社に入って頑張るためにも聞いておきたい、というあなたの熱意とも取れます。だから、聞けるなら私ズバッと聞きます。

 

そのためには前職の給与水準も言いますし、現在の家系に必要なやりくり上の金額も言います。例えば家のローンの支払いで毎月いくら。子供の教育費で毎月いくらなど。自分が生活していく上で許す事の出来ない最低線というのはアピールしておいていいと思います。

 

会社の方もそこまで自分のところを信用して言ってくれてるのなら、真剣にここで頑張ろうとしているのだな、と思ってくれます。

 

さいごに

結局、40代の人が面接で訴えるのは自分の生産能力と生計を立てていくための忠義心です。需要と供給のバランスの関係なんですよ。この両者がピッタリ一致したところがあなたの新しい転職先となるわけです。

 

面接では飾り過ぎてもすぐにバレます。アピールが足りなければ相手はそれがあなたの熱意だと取ります。特別、難しい交渉ではないんですよね。採りたい所に入りたい人が入る。いたってシンプルな図式なんです。

 

だから、あまり気難しく考えないで裸の自分を熱く訴える事を念頭において実行されれば、と思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

まずは大手転職サイトからエントリー


 

Sponser Link



TOP 40代転職体験記 ★40代で転職を成功させる方法★ おすすめ転職サイト