40代での転職人生を振り返って

40代での転職人生を振り返って

この記事を書かさせてもらっております私。

 

只今55歳でございます。今まで何度も書いてきました通り、40代で10回もの転職をやってしまいました。

 

50代の分を足すと合計で13回。それ以前でやった分を加えたら合計で15回という大馬鹿者でございます。

 

社会人になった時はこの会社で骨を埋めるんだ!という覚悟の元、やっておりました。

 

それが気付けば合計で15回。

 

今回はそんな中で、最も転職回数の多かった40代の時を振り返って記事を書いてみたいと思います。

 

40代は人生で最も男としての実力が発揮される時

今、40代という人生の時を迎えられている皆様。この言葉、嘘だと思われますか?

 

例え、転職していようと同じ会社でずっと頑張っておられようと実態は同じです。
 
男の実力、真価は40代になって最大に花開きます。

 

この時期は大学を卒業したとして計算したら社会人となって18年目です。18年のキャリアはやはり大きいですね。もし同じ会社で働き続けていたとしたらそれなりのポストにも就いてらっしゃるのではないでしょうか?もしかしたらもう部長職という方もいらっしゃるでしょう。

 

それくらい18年間、同じところで力を培って働いてきたという事実は途中で辞めてしまう事よりも大きな重みがあるのです。

 

では、そうならなかった場合の人生はどうでしょうか?丁度、私のような転職を繰り返した者の状況ですね。ちょっと自分の経歴の上で考えてみたいと思います。

 

40代一発目の会社選びが失敗?

今、思えば40代になって一発目で入った建築営業の会社。ここを選んだ事が転職繰り返しの歴史の始まりになってしまいました。

 

参考:1社目の転職:東証一部建築営業

 

しかし、当時の私は自分の実力に人並み以上の自信は持っていました。それまでの10年間でペットショップ運営会社のトップ5の位置に付け、事実、歴代最高の売り上げも挙げ、飛ぶ鳥を落とすぐらいの勢いはあったと思います。

 

思い上がりだったとしても自信は男にとっては必要なアイテムです。自分を強気になって売り込みに行くのはある意味、当然でしょう。

 

そして現に採用されてしまったのですから自分の気持ちとしては「よし!やってやるぞ!」という気持ち一辺倒になるのも当然です。

 

面接の時にかなりな予感でこの会社に対する違和感を感じ、目が泳いでいた事を指摘されながらも採用されたので「やった!この会社と縁があるぞ!」と思ってしまうのも仕方なかったと思います。それが研修中のたった三日間で撃沈してしまうとは、自分でも夢にも思いませんでしたね。

 

もし、この会社で生き残れたとしたら 

この建築営業の会社、東証1部上場のバリバリのヤリ手の会社です。私程度の人間でも東証1部企業に入れるんだ!という感激を味わさせてもらえたのがこの会社への最大の感謝です。

 

でも、もし研修でコケずにそのまま踏ん張ってこの会社でやっていたらどうなったでしょうか?

 

結果は残念ながら見えてますよね。

 

それはこの後に入った似たような飛び込み営業の会社を短期間で辞めていることからして想像できます。

 

まず、私がこの会社に残ってやったとしてもお客様である地主さんに全く相手にされなかったでしょう。それで恐らく1週間もたたないうちにへこたれてしまっていたでしょう。一度、心が折れてしまうと、もうそこの組織では復活できないのは自分が一番、よく知っています。やはり、この会社で生き残る道は数パーセントもなかったでしょう。

 

何がそこまで転職にこだわってしまったのか?

私としては、一つの会社でずっと最後までやり続けるのが当たり前だと社会人になった時に思っていました。現に22歳で初めて入った会社は8年間、何とか勤めています。その会社には退職金制度がありましたからそのままいたとしたら今頃、勤続33年。

 

そこそこのいい退職金を貰えたでしょう。でも、当時から私にはいろいろ欠けているものがたくさんありました。

 

自信、優先順位、顧客最優先、労を惜しまず、胆力。これらのものを得る為にこれまでの転職があったような気もします。恐らく最初の一社だけだったら今もまだ欠けたままの状態だったでしょう。しかし、それらが身についたとしていても結局、年収的には思うようなレベルにまではいきませんでした。

 

と、なると転職というのは自分にとっては形を変えた浮気心の発生と実行という事になるのかもしれません。それで自己実現もへったくれもないですけどね。結局、自分のワガママという風にしか周りは見ませんからね。

 

さいごに

だから最後に言います。
 
40代になっての転職は自己都合退職でやらない事です。

 

辞め癖が間違いなくつきます。辛い事があった時に結果を出そうとせずに簡単に逃げれるからです。その味を一度でも味わってしまうと40代の方が逆にタチが悪くなってきます。今は景気も戻ってきて転職市場も活気があるでしょう。

 

しかし、半年先がわからない時代です。転職を考えるなら30代のうちで打ち止めにしたいところです。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

まずは大手転職サイトからエントリー


 

Sponser Link



TOP 40代転職体験記 ★40代で転職を成功させる方法★ おすすめ転職サイト