40代はどうやって書類選考を通るのか?その2

40代はどうやって書類選考を通るのか?その2

前回「40代はどうやって書類選考を通るのか?その1」は書類選考を通過するための職務経歴書についてさわりを書きました。

 

では、どうやったら通過できる職務経歴書になるのかを、書いていきたいと思います。

 

書く形式が各自の裁量に任されている狙いとは?

応募書類における職務経歴書は企業に入ってからの自分の文章力だと思って書いてください。つまり、どのように書けば自分の上司がスラスラと短時間で要点を把握できるか、この一点です。

 

なので、前職での手柄話、表彰受賞暦、達成できた営業ノルマの羅列、最高ポストなどは、極力簡潔に、出来たら書かない方がいいかもしれません。
 
それくらい採用側はあなたの過去の実績なんて、問題にしていません。

 

問題にするのはあなたがこれからこの会社に入ってきて何をやってくれるのか組織内において使いやすい人間かどうか、の2点です。

 

では、それを一つづつ、見ていきますね。

 

この会社に入って一体何をやってくれるのか?

あなたは40代のバリバリのベテランです。その会社に慣れるための研修は受けなければならないでしょうが、会社側としてはいち早く台頭してもらいたがります。なのに、入社して1カ月も経つのに相変わらずやっていることと言えば飲み込みの遅い業務っぷりと定時になったら帰ろうとする逃げ足の速さ。

 

応募書類で素晴らしい志望動機を書き、面接でもそつなくこなす対応ぶりに会社側はあなたの秘めたる潜在能力に賭けたはずなのに。これでは見事な期待外れというか、一種の転職詐欺ですね。これでは近い将来、また同じ目にあう羽目になるかもしれません。

 

ちょっと極端な例えを書いてしまいましたが、それくらい志望動機は重要です。いくら前職でずっと平社員の道ばかり歩んできたからと言っても、そんな事は次の会社にとったら大事ではありません。あなたがいついつまでにこれくらいの成果のある仕事をやり遂げる。その根拠はコレコレだ。っていう感じで書かれてあればいいんですよ。

 

だから私を採用しないとこの会社は損をしますよ、くらいの自信をちらつかせてもいいのです。要は難関の書類選考を通過して面接に行くための作業なのですから。この時点で会社側の都合なんて考えてる暇はないのです。

 

ここまではお分かりいただけたでしょうか?

 

使いやすい人間か?

次に重要なのがこの点です。人間、年齢が40にもなってしまうと多少は色んな色が付いてきます。逆にそれまで角だらけだった性格は逆に丸くなってもきます。ところが、その歳になっても相変わらず血気盛んで血の気の多い人は結構います。ここを応募書類にどう書くかです。

 

くれぐれも「私は頭に血がのぼると上司であろうがお客さんであろうが御構い無しに自分の意見を曲げません、それが私の長所です」、なんて書かないでくださいね。40代と言えば、もう立派な中間管理職です。上司の右腕となりながら部下のマネージングもこなす。そういうタイプの人を企業は40代に求めます。そのための職務経歴書なんですよね。

 

中間管理職の人には高度なコミュニケーション能力が求められます。そこには文章作成能力も大きくチェックされます。要領明快、伝えたいことを短い文章で如何に短時間で分かってもらえるか?こういう文章を職務経歴書に書いて欲しいわけです。

 

なので自分の過去のポストや年収のアピールなんていらないのです。こういった書類を山のように作って少しでも多くの企業に応募する。この繰り返しです。もし、これらの書き方に疑問や不満足を感じる場合はどうぞ、マニュアル通りの応募書類で挑戦してくださって結構ですよ。戦略、戦術は各々の立場で変わってきますから。

 

あくまでここに紹介致しました例は私の実体験によるほんの一つの小さな方法です。これが全てな訳ではありませんので、肩肘張りすぎずに参考程度にしてくださいね。

 

 さいごに

40代での応募書類の通過の仕方を書いてきました。今、思えば本当にこの作業が転職の中で最もキツイ工程でした。

 

出しても出しても不採用で帰ってくる応募書類の山を見るに、「何て私はこの世から見放された存在なんだ!」と世間や自分を恨んだり周りの人に愚痴や文句を言ったりしていました。でも、それが中高年層になった人間の転職の実態なんですよね。

 

どうぞ、1日も早く転職活動から解放される日が来ることを心から願っております。そして、転職に成功したならば、その感激を苦しい時ほど思い出してくださいね。

 

 

書類選考お役立ち情報

 

応募書類の書き方はリクナビNEXTが添削してもらえます。

 

面接対策、面接体験談、企業の口コミはキャリコネ転職サービスで利用できます。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

まずは大手転職サイトからエントリー


 

Sponser Link



TOP 40代転職体験記 ★40代で転職を成功させる方法★ おすすめ転職サイト